メイン ウィンドウズ10 Windows10で利用可能なシステムの復元ポイントを見つける

Windows10で利用可能なシステムの復元ポイントを見つける

  • Find Available System Restore Points Windows 10

返信を残す

システムの復元は、Windows 10および以前のいくつかのバージョンのWindowsの機能であり、WindowsMeに戻ります。 Windows 8以降、Microsoft ショートカットリンクを削除しました [アクセサリ]-> [システムツール]フォルダからシステムの復元を開始します。この記事では、Windows10で利用可能なすべてのシステムの復元ポイントを見つける方法を説明します。

システムの復元ウィザードシステムの復元は、Windows 10の新機能ではありません。このテクノロジは、2000年にWindows MilleniumEditionで導入されました。これは、システムファイルまたは設定が破損したときに数回クリックするだけでOSを修正できるようにするために作成されました。システムファイル、プログラムファイル、ドライバー、およびレジストリ設定のスナップショットである復元ポイントを自動的に作成します。後で、システムの復元を使用して問題が発生する前の時点にコンピューターを復元すると、システムの復元は、指定した復元ポイントから以前のバージョンのファイルと設定にPCをロールバックします。システムの復元は、個人のドキュメントやメディアには影響しません。さらに、問題が解決しない場合は、最後の復元操作自体を元に戻すことができます。



システムの復元に関連する興味深いトピックは次のとおりです。



フォルダオプションウィンドウ10

広告

  • Windows10でシステムの復元を有効にする方法
  • Windows10でシステムの復元ポイントの頻度を増やす
  • Windows10の起動時にシステムの復元ポイントを作成する

ユーザーアカウントに 管理者権限 先に進む前に。



Windows10で利用可能なシステムの復元ポイントを見つけるには 以下をせよ。

  1. キーボードのWin + Rキーを同時に押します。見る Winキーを使用したすべてのWindowsキーボードショートカットの究極のリスト )
  2. [実行]ボックスに次のように入力します。rstrui
  3. [システムの復元]ダイアログで[次へ]をクリックします。
  4. 以前にシステムの復元を実行したことがある場合は、[別の復元ポイントを選択]を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。
  5. 使用可能なすべての復元ポイントが、次の表に一覧表示されます。日時説明、およびタイプ列。

これで完了です。

ヒント:シェルコマンドの1つを使用してシステムの復元を開くこともできます(ヒント: Windows10のシェルの場所の最も包括的なリストを参照してください ):



Windows10以前のバージョン
シェル::: {3f6bc534-dfa1-4ab4-ae54-ef25a74e0107}

これにより、システムの復元が直接開始されます。

または、PowerShellまたはコマンドプロンプトで使用可能な復元ポイントを見つけることができます。

コマンドプロンプトで利用可能なシステムの復元ポイントを見つける

  1. 開いた 昇格したコマンドプロンプト 。
  2. 次のコマンドを入力するか、コピーして貼り付けます。
    vssadminリストシャドウ
    出力には、デバイスで使用可能な復元ポイントのリストが表示されます。
  3. 次のコマンドを実行して、復元ポイントのリストをファイルにエクスポートできます。vssadminリストシャドウ> '%userprofile% desktop restore_points.txt'。すべてのドライブの復元ポイントのリストがテキストファイルに保存されますrestore_points.txtデスクトップ上。

これで完了です。

PowerShellで利用可能なシステムの復元ポイントを見つける

  1. 管理者としてPowerShellを開く 。
    ヒント:できます 「管理者としてPowerShellを開く」コンテキストメニューを追加 。
  2. 次のコマンドを入力するか、コピーして貼り付けます。
    Get-ComputerRestorePoint
  3. 出力には、コンピューターで使用可能な復元ポイントのリストが表示されます。
  4. 出力をファイルに保存するには、コマンドを使用しますGet-ComputerRestorePoint | Out-File -filepath '$ Env:userprofile Desktop restore_points.txt'。
  5. すべてのドライブの復元ポイントのリストがテキストファイルに保存されますrestore_points.txtデスクトップ上。

これで完了です。

写真をフォルダアイコンウィンドウにする方法10

関連記事:

  • Windows10でシステムの復元を実行する方法
  • PowerShellを使用してWindows10で復元ポイントを作成する
  • Windows10でシステムの復元ウィザードのショートカットを作成する
  • Windows10でシステムの復元ポイントを削除する
  • Windows10でスケジュールどおりにシステムの復元ポイントを作成する
  • Windows10の起動時にシステムの復元ポイントを作成する
  • ワンクリックでWindows10に復元ポイントを作成する
  • Windows10で復元ポイントのコンテキストメニューを作成する

興味深い記事

エディターズチョイス

Windows10バージョン1709のメインストリームサポートは終了しました
Windows10バージョン1709のメインストリームサポートは終了しました
Windowsバージョン1709の初期バージョン「FallCreatorsUpdate」は、2017年10月17日にリリースされました。それ以来、Microsoftは、バージョン1803およびバージョン1809を含むWindows 10OSファミリのいくつかの機能アップデートをリリースしました。その後、セキュリティの修正や安定性の向上など、一連の累積的な更新が行われました。今日、Windowsバージョン1709には
Windows 8.1、Windows 8、およびWindows7でタスクバーの日付と時刻の形式をカスタマイズする
Windows 8.1、Windows 8、およびWindows7でタスクバーの日付と時刻の形式をカスタマイズする
Windows8およびWindows7でタスクバーの日付と時刻の形式をカスタマイズする
Windows10でWindowsセキュリティトレイアイコンを非表示にする
Windows10でWindowsセキュリティトレイアイコンを非表示にする
最近のバージョンのWindows10には、Windowsセキュリティと呼ばれるアプリが付属しています。ここで説明する方法のいずれかを使用して無効にできるトレイアイコンがあります。
Windows Terminalv1.3およびPreviewv1.4がリリースされました
Windows Terminalv1.3およびPreviewv1.4がリリースされました
Microsoftは、WindowsTerminalの新しい安定バージョンである1.3.2651.0をリリースしました。また、Microsoftは、バージョン番号1.4.2652.0のアプリの新しいプレビューリリースを発行しました。変更点は次のとおりです。 Windows Terminalは、タブ、GPUで高速化されたDirectWrite / DirectXベースのテキストなど、多くの新機能を備えたコマンドラインユーザー向けの新しいターミナルアプリです。
Windows 10(システムトレイ)で通知領域を非表示にする方法
Windows 10(システムトレイ)で通知領域を非表示にする方法
タブレットモードが有効になっている場合、Windows10はすでに通知領域を非表示にしています。この投稿では、通常のデスクトップモードでシステムトレイを非表示にする方法について説明します。
マイクロソフトは、Windows 10 October 2020 Update(20H2)をリリースプレビューチャネルに展開しています
マイクロソフトは、Windows 10 October 2020 Update(20H2)をリリースプレビューチャネルに展開しています
Microsoftは現在、リリースプレビューチャネルでビルド19042.508(KB4571756)をWindowsInsiderにリリースしています。同社はビルド19042.508を最終ビルドと見なしており、通常のサービスリズムの一環として、お客様のPCでの2020年10月のアップデートの全体的なエクスペリエンスを引き続き改善することを計画しています。 Microsoft Windows10バージョン20H2は
マイクロソフトは、パートナー会議の名前をMicrosoftInspireに変更します
マイクロソフトは、パートナー会議の名前をMicrosoftInspireに変更します
先週、MicrosoftはBuild2017とMicrosoftIgniteを含む2017年の会議のスケジュールを発表しました。ただし、前述の2つは開発者と企業向けですが、会社のパートナー向けの会議は常にもう1つありました。MicrosoftWorldwidePartnerConferenceまたは略してWPCです。同社は2017年にも会議を開催する予定です。